看不到日文 請裝Unicode補完計畫

 Bump Of Chicken
"カルマ "
music : 藤原基央
lyrics   : 藤原基央


ガラス玉ひとつ 落とされた 
追いかけてもうひとつ落っこちた
ひとつ分の陽だまりに 
ひとつだけ残ってる

心臓が始まった時 
嫌でも人は場所を取る
奪われない様に 
守り続けてる

汚さずに保ってきた手でも 
汚れて見えた
記憶を疑う前に 
記憶に疑われてる

必ず僕らは出会うだろう 
同じ鼓動の音を目印にして
ここに居るよ 
いつだって呼んでるから
くたびれた理由が 重なって揺れる時
生まれた意味を知る

存在が続く限り 
仕方無いから場所を取る
ひとつ分の陽だまりに 
ふたつはちょっと入れない

ガラス玉ひとつ落とされた 
落ちた時何か弾き出した
奪い取った場所で 光を浴びた

数えた足跡など 
気付けば数字でしか無い
知らなきゃいけない事は 
どうやら1と0の間

初めて僕らは出会うだろう 
同じ悲鳴の旗を目印にして
忘れないで いつだって呼んでるから
重ねた理由を二人で埋める時
約束が交わされる

鏡なんだ僕ら互いに
それぞれのカルマを映す為の
汚れた手と手で触り合って
形が解る

ここに居るよ 
確かに触れるよ
一人分の陽だまりに 
僕らは居る

忘れないで いつだって呼んでるから 
同じガラス玉の内側の方から
そうさ 必ず僕らは出会うだろう 
沈めた理由に十字架を建てる時
約束は果たされる
僕らはひとつになる
 

__________________不負責任翻譯的分格線___________________

ガラス玉ひとつ 落とされた
一顆玻璃珠掉落了 
追いかけてもうひとつ落っこちた 
在追尋時  又一顆掉落了
ひとつ分の陽だまりに 
在只能容納一顆(玻璃珠)的陽光下
ひとつだけ残ってる 
只剩下了一顆

心臓が始まった時
從心臟開始跳動時 
嫌でも人は場所を取る 
即使討厭  人也要找到生存之地
奪われない様に 
為了不被奪去
守り続けてる
繼續地保護(自己)

汚さずに保ってきた手でも 
即使保持雙手不被弄髒但
汚れて見えた 
卻看到了髒污
記憶を疑う前に 
在懷疑記憶之前
記憶に疑われてる
卻先被記憶所懷疑

必ず僕らは出会うだろう
我們一定會相會吧
同じ鼓動の音を目印にして 
以同樣鼓動的聲音(心臟的跳動)作為記號
ここに居るよ 
我就在這裡
いつだって呼んでるから
不論何時我都呼喚著(你)
くたびれた理由が重なって揺れる時 
直到被令人疲倦的理由反覆動搖時
生まれた意味を知る
才知道了生存的意味

存在が続く限り 
繼續生存下來的話
仕方無いから場所を取る 
雖然無奈卻必須找到生存之地
ひとつ分の陽だまりに 
在只能容納一顆的陽光下
ふたつはちょっと入れない 
卻不能放進兩顆

ガラス玉ひとつ落とされた 
一顆玻璃珠掉落了 
落ちた時何か弾き出した 
掉落的時候  有東西彈出來了
奪い取った場所で 光を浴びた 
在奪取來的生存之地 沐浴著陽光

数えた足跡など
數著一路的足跡
気付けば数字でしか無い 
卻只是沒有意義的數字
知らなきゃいけない事は 
原來要知道的事
どうやら1と0の間 
就在1與0之間(應是指"有"跟"無")

初めて僕らは出会うだろう 
我們一開始就會相會吧
同じ悲鳴の旗を目印にして
以一樣的悲鳴之旗作為記號
忘れないで 
不要忘記
いつだって呼んでるから 
不論何時我都呼喚著(你)
重ねた理由を二人で埋める時 
直到重疊的理由把我們都掩埋
約束が交わされる 
就是約定交換的時刻

鏡なんだ僕ら互いに 
我們是鏡子裡互相的倒影吧
それぞれのカルマを映す為の 
映造出各自的命運
汚れた手と手で触り合って 
髒污的兩手互相碰觸在一起時
形が解る 
徹底明白彼此

ここに居るよ 
我就在這裡
確かに触れるよ 
確實地感覺到
一人分の陽だまりに
在只能容納一人的陽光下
僕らは居る 
我們就在這裡

忘れないで 
不要忘記
いつだって呼んでるから 
不論何時我都呼喚著(你)
同じガラス玉の内側の方から 
從相同的玻璃珠內側
そうさ 
沒錯
必ず僕らは出会うだろう 
我們一定會相會吧
沈めた理由に十字架を建てる時 
在沉下的理由建立起十字架時
約束は果たされる
約定實現
僕らはひとつになる

我們是合而為一的

_______________________翻的好爛________________________

很喜歡這首歌的歌詞
因為跟我一直以來的心境很像
但是我現在還在"數著一路來的足跡"的階段吧

還是覺得翻的好爛
感覺跟日文原詞所要表達的意境
有所差異
本來是首很值得細細品味的歌
卻被我翻的好像BL主題曲

中文太爛了
這也算是 仕方無い 吧
難怪余光中會說翻譯的人
本國語言不好是不行的

KaZeHuNter 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()